好きなことでメシを食う、そんな生き方があってもいいじゃない!

旧ブログ「オガのスキメシ日記」

ゴーストライターのオガワが好きなことでメシを食うための方法を徹底解説

1%の超金持ちが富の48%を所有している

大富豪

億万長者

大金持ち

表現は様々ですが、世の中には、
お金や資産を想像を絶するレベルで
所有している方達が存在しています。

野菜を買うように車や家を買い、
土地を買占め、数兆円規模の
資産を保有している。

「兆」という桁なんて、
普通では考えられませんよね。

1兆円というお金は
毎日100万円ずつ使ったとしても
約2,700年掛かります。

数兆円の個人資産を保有している人が
現実にいるというのは、
とてつもないことだと思います。

一説によると、上位1%のお金持ちが
全体の富の48%を所有していると
言われています。

1%の方達が48%の富を所有し、
残り99%の方達で52%の富を分け合う。

この数字を聞いた時は、
私は衝撃を受けました。

なんて残酷な現実なんだと。

世の中の富は上位の超超超大金持ちに
よって占有されていると言っても
過言ではないのでしょう。

これが資本主義経済の真実です。

上位1%の人達が世の中を動かし、
支配構造が出来上がっています。

大企業の株主、政治家、官僚、
多国籍企業、大手銀行など。

私達の生活を
コントロールできるほどの
権力、富、影響力を持っています。

資本主義というのは、構造上
全ての国の景気が同時に
良くなるというのはありません。

ある国の景気が良くなれば、
他のどこかの国では景気が悪くなる。

ゼロサムゲームに近い構造です。

まぁ、紙幣を刷り続けているので
富も膨張していますが、その話は
また違う記事で書きます。

資本主義では
富の移動が起こりますので、
貧富の差は必ず発生します。

まずはその事実に
気づかなくてはいけません。

「格差は良くない」

「貧富の差や貧困を無くそう」

「お金持ちはずるい」

このように主張しても
資本主義の構造の問題ですから
一個人で覆すのはほぼ不可能です。

それなら、どうやって上位1%に
入ることができるのかを
真剣に追求した方が良いと思います。

資本主義では格差は
必ず生まれますが、
「自分には無理だ」と
諦める必要はありません。

「富は移動する」という性質も
忘れてはいけないのです。

富が移動するのであれば、
自分に富が集まる
仕組みを作ればいいのです。

それができるのが
資本主義のメリットです。

努力や工夫次第で、
人生を変えるチャンスが
誰にでも与えられるのです。

特に今はインターネットがあるので、
誰でも膨大な情報にアクセスする
ことができます。

一昔前は、情報格差によって
大きな収入の差が生まれていました。

一部の権力者が一足先に重要な
情報を手に入れて、お金持ち同士で
富が回るようになっていました。

もちろん今も同じようなことは
ありますが、昔に比べると
圧倒的に有利な条件が
整っています。

それほどまでに、インターネットの
普及は、一般の人達に大きな恩恵を
もたらしているのです。

情報が無ければチャンスを
掴むこともできません。

夢や志があっても
絵に描いた餅なのです。

そして、ここで真剣に
考えなければいけない
ことがあります。

どうすれば
自分に富が移動してくるのか?
ということです。

答えは簡単です。

自分でビジネスを所有する、
これです。

一般のサラリーマンやOLが
収入を増やすにはこれ以外の
選択肢はないと思います。

もしあなたが手元に数億円という
資金があれば、債権や社債など
固い金融商品分散投資をすれば
何も問題はないでしょう。

しかし、現実問題それだけの資金が
手元にある方は、サラリーマンでは
ほとんどいないと思います。

そこで私が推奨しているのが、
「スモールビジネスを立ち上げる」
という選択肢です。

誇大表現ではなく、
これは誰にでも出来ることです。

月5万~10万円の収入が
プラスであるだけで、
生活は大きく変わると思います。

自分に合った好きなスモールビジネスを
実践することは、あなたをより
豊かな人生に導いてくれます。

これからは個人が活躍する時代です。

あなたの活躍の場が広がって
いくことを心から応援しています。