好きなことでメシを食う、そんな生き方があってもいいじゃない!
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旧ブログ「オガのスキメシ日記」

ゴーストライターのオガワが好きなことでメシを食うための方法を徹底解説

日本は破綻するの?しないの?

オガです。

「近い将来日本は破綻する」

預金封鎖の可能性もある」

国債がデフォルトする」

多くの悲観的な意見があります。

当然、可能性はゼロではないと思いますが、
私個人の見解としては、日本が破綻する
可能性は低いと考えています。

なぜか?

その理由は「富の膨張」です。

資本主義経済が始まって以来、
今、この瞬間にも世界で流通している
貨幣の量は増え続けています。

日本もジャブジャブとお金を
刷っていますので、当然円の
流通している量は増えています。

極端な話をしてしまえば、
円を刷り続けていくことで
経済の破綻を回避できるわけです。

「そんなことをしたら、
 インフレが起こるのでは?」

確かにインフレにはなります。

しかし、冷静にみていくと、貨幣経済
始まってから日本はずっとインフレを
続けているのです。

明治、大正、昭和初期の
1円の価値をご存じですか?

なんとなく聞いたことがあると思いますが、
昔の1円の価値は、現在の1円の価値とは
全く異なります。

明治前半:20,000円相当
明治後半:10,000円相当
大正  : 5,000円相当
昭和初期: 3,000円相当

今の1円の価値とは全く違いますよね。

昔は「銭」という単位が
あったくらいですから、
同じ1円でも価値が違うのは
簡単にイメージして頂けると思います。

あくまで大まかな目安ですが、
1円の価値が下がり続けている
という事実は、私達に大切な気付きを
与えてくれます。

1円の価値が下がり続けているということは、
10年後の1円の価値は
どうなっているでしょうか?

そうですね。
下がっている可能性が高いと思います。

では1円ではなく1万円だったら?
同じですね、価値は下がっているはずです。

つまり、1,000万円の貯金がある方が
いるとしても、年数が経過するにつれて
価値がどんどん下がっていくのです。

同じ1万円を使ったとしても、
手に入る物が全く違うということになります。

今、このブログを書いている時点で、
日本の借金は1,107兆円あります。

とてつもない額ですね。
全くピンとこない数字です。

そもそも1兆円という金額ですら、
毎日100万円使ったとしても
約2,700年掛かるのですから。

もし仮に、安部総理の政策である3本の矢と、
消費税15%まで引き上げを行ったとしても、
2060年には日本の借金は8,157兆円になると
予想されています。

もはや桁が多すぎてイメージすら湧きません。

それでも経済が維持されるのは、
富が膨張を続けているからです。

富の膨張、つまりお金の流通量が増える。

お金の流通量が増えることで、
1円の価値が下がりインフレになる。

しかし結果として、
お金の流通量が増えることで経済が回り、
資本主義を支えていくことができる。

日本はお金をジャブジャブ刷れるので、
政治家や官僚などの権力者は、
借金が多少増えたとしてもあまり関係ないと
考えているのかもしれません。

ですから私は、すぐに日本が破綻をする
可能性は低いと考えています。

あとは私の「破綻しないでほしい」
という希望も入っていますが。

しかし、この見解も確実とは言えません。

過去預金封鎖も起こっていますし、
国債がデフォルトするリスクも
ゼロではないと思っています。

重要なのは、どちらの場合でも
対応できる準備をしておくことです。

円だけで保有しているとしたら、
ドルやユーロなど外貨で保有したり、
金や銀に換えるのも手かもしれません。

大切なのは「貯金があれば大丈夫」と
円だけで資金を保有してしまうことです。

現状では円も主要通貨の一つですから、
信頼もあって価値を保っています。

しかし、その均衡がいつ崩れるか
誰にも分からないのです。

円の価値が暴落した時に、
円だけで保有しているとしたら
大きな痛手を被ることになります。

せっかく頑張って貯めた
1,000万円があるとしても、
価値が暴落することあり得るのです。

今の1,000万円の価値が2分の1、
3分の1になるとしたら?

可能性は低いですが、
十分起こりえると思います。

そうなったら、非常に怖いですよね。

どちらにしても経済の動向を見つつ、
きちんとした対策を立てることが重要です。

不測の事態が起きても対応できるように
準備をしていきたいですね。