好きなことでメシを食う、そんな生き方があってもいいじゃない!

旧ブログ「オガのスキメシ日記」

ゴーストライターのオガワが好きなことでメシを食うための方法を徹底解説

成功しない人の選択基準

オガです。

成果が出せない方には
いくつもの共通点があります。

私自身は完全な凡人ですから、
成功する人と成功しない人の
違いについては、色々な成功者を
見ながら研究してきました。

同じ人間なのに、なぜこれほどまでに
大きな差がついてしまうのか?

人間、生まれ持った才能がズバ抜けて
高い人はほんの一握りです。

そう考えると、ビジネスシーンにおいて
ほとんどの場合はスタートラインに
大差はありません。

しかし、大きく成功する人と
うまくいかない人に分かれてしまう。

しかも、世の中にはごく普通の方が
大きな成功を収めているケースも
少なくありません。

その事実が私にとって
非常に興味深いものでした。

色々と成功者を見ているうちに、
成功する人には共通点があり、
逆に成功しない人にも共通点が
あることが分かりました。

冷静に考えれば当たり前のことですが、
その当たり前のことに私は気づいて
いなかったのです。

だったら、成功者の共通点を真似て、
成功していない方の共通点を
排除していけば、理屈的には
成功者に近づくということになります。

つまり、凡人でも工夫次第で
成功する可能性があるということです。

では、成功しない方の共通点とな
一体どのようなものなのか?

一つが「余計なもの」を
多く抱え過ぎているということです。

余計なものとは、
「目標達成に役立たない行動」
「気持ちの軸がブレてしまう行動」
このように捉えて頂けたらと思います。

なかなか成功しない方は、
色々なことに手を出し過ぎている
傾向があります。

「あの事業は儲かりそうだ!」
「これは面白いビジネスかもしれない!」

という風に色々な事業に手を出し、
いくつものビジネスに関わっている方を
見かけることがあります。

私は思うのですが、
一部の天才的な人間を除き、
いくつもの事業を同時並行で
大きくするのは至難の業です。

ほとんどの場合は集中しきれずに、
全てが中途半端なります。

結果を出すために必要なのは、
一つの事業にフォーカスし、
その他の事業を排除していくことです。

よく虫眼鏡で例えられますよね。

例えば、一枚の紙を太陽にかざしても
火をつけることはできませんが、
虫眼鏡で光を集中させることで
紙に火をつけることができます。

同じ力でも集中することで
結果に大きな違いが出るのです。

しかし、ここで一つ疑問が出てきます。

「オガさん。私の周りには複数の
ビジネスで成功している人がいるよ」

確かにその通りです。

しかし、その方達を冷静に分析していくと、
最初何か一つの分野で成功した後に
違うマーケットに参入している場合が
ほとんどではないでしょうか。

ごく稀に、2つ以上のビジネスを
同時に立ち上げて成功している方も
いると思いますが、少なくとも私は
会ったことがありません。

そして、これも私個人の経験ですが、
「儲かりそう」という気持ちだけで
参入したビジネスは、例外なく
全て失敗しています。

儲かりそうだからという理由で
ビジネスに参入するのは
オススメしません。

長期的に情熱を持って取り組めるか
分かりませんし、自分の特性に
合っているかも分からないからです。

次から次へとおいしい話に飛びつく人は、
全てが中途半端になってしまい、
結果成果を得ることはできないのです。

私も「この話は今なら儲かるよ」と
ビジネスを勧められることがありますが、
全て丁重にお断りさせて頂いております。

私たちが使える時間は限られています。

「時は金なり」という言葉がありますが、
あれは違うと思います。

なぜなら時間は
お金では買えないからです。

「時は命」と言っても
過言ではないと思っています。

何か一つのビジネスを
取り組むということは、
他の選択肢を捨てるということです。

慎重に選択しなければ、
気付かないうちにチャンスを
潰してしまうことになります。

重要なのは、自分のやりたいことを
明確にしていること。

そして、確固たる軸(判断基準)を
確立していることです。

つまり、自分の目指すゴールを
しっかりと持ちましょうということです。

自分の目指したいゴールが
明確でなければ、何を選択すべきかも
分からないので無駄に時間を
浪費してしまうことになります。

しかし、これも今だから言えることです。

私自身、色々なビジネスに手を出して、
その度に失敗を繰り返してきました。

「これは儲かりそう!」
「今がチャンスだ!」
「今度こそうまくいくはず!」

儲かるならどんなビジネスでもいいと
思っていましたし、完全に考え方も
行動もブレていました。

結果、大きな失敗を経験し、
周りの方にもたくさん迷惑をかけました。

人と関わるのが嫌になり、
地元から姿を消そうと
真剣に悩んだこともあります。

友人との連絡も絶ち、
日銭を稼ぐバイトをしながら
引き籠りに近い生活を
送っていたこともあります。

しかし、結果的にこれらの失敗が
自分を見つめ直すきっかけに
なったのです。

自分は、これからどのような未来を
手に入れたいのか。

どのようなことが好きで、
どのようなことが得意なのか。

紙に書き出し、整理していきました。

この経験がなければ、
今の私はありません。

ですから、一つのことに
絞りきれない方は、

「フットワークを軽くし、
行動して経験を積みまくる」

というスタンスで良いと思っています。

当然辛い失敗も経験するでしょうが、
諦めない方にとっては全ての経験が
未来に繋がるはずです。

そして明確なゴールと
確固たる軸が出来たら
取り組むことを絞り込んで
全精力を捧げるのです。

余計なものを排除していくほど
集中力が増すので、突き抜けるための
パワーが出るのですから。