好きなことでメシを食う、そんな生き方があってもいいじゃない!
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旧ブログ「オガのスキメシ日記」

ゴーストライターのオガワが好きなことでメシを食うための方法を徹底解説

あなたに借金があるなら

オガです。

あなたは借金で苦しんだ
経験はありますか?

私は嫌というほど経験してきました。

負債を抱えて資金が
ショートしそうな時は
本当にキツイものがあります。

毎月支払日を気にして銀行残高と
にらめっこをする日々。

金銭的に余裕が無くなると、
心も荒んでくるものです。

しかし、金銭面の余裕を取り戻す
非常に効果的な方法があります。

もしあなたに借金があるなら、
「固定費」を徹底的に削ってください。

私が金銭的にどん底の状況から
立ち直ることができたのは、
金銭管理を学んだからです。

金銭管理をしなければ、
真っ暗なトンネルから抜け出すのは
不可能だったでしょう。

金銭管理と言っても、
特別難しいことを
したわけではありません。

私が最初に意識したのは、
たった一つです。

それは「固定費を徹底的に削る」
ということです。

「なんだ、当たり前のことじゃないですか?」
と思われるかもしれません。

しかし、実際にやれている方は
意外と少ないと思います。

私は金銭的に苦しい時、
無駄なところに多くの
お金を投じていました。

‐回収見込みのないビジネス投資
‐生産性のない飲み会
‐ストレス発散のための買い物
‐アルコール
‐過食
マンガ喫茶に入り浸る

ストレスなどもあったので、
過食や買い物によって
欲求を満たしていました。

あとは、現実逃避のために
よくマンガ喫茶でダラダラと
長時間マンガを見ていたりも
しました。

しかしそれをムダだと認識せず
「なぜお金が無くなるんだ?」と
嘆いていたのです。

私は元々金銭管理が苦手でしたので、
どんぶり勘定で何となく収支の計算を
していました。

しかし、それではいけませんね。

少なくても自分が何にお金を
支払っているのか把握しなければ、
支出をコントロールするのは
難しいと思います。

そこで私が一時期行っていたことが

「小さなメモ帳を持ち歩いて
買い物をしたらすぐに金額を書き込む」

という作業です。

例えばコンビニでガムを買ったとしたら、
すぐにそのメモ帳を取り出して
「コンビニ ガム 100円」
と書き込んでいました。

難しい計算は必要ありません。

ただ自分が商品やサービスを
購入した時に、すぐにメモに
書き留めていくだけです。

その行動によって、自分が何に
どれくらいお金を支払っているのか
具体的に分かるようになりました。

コストを見直すというのは、
今までの自分にNoを出す
ということなので、
気分の良い作業ではありません。

できれば見て見ぬふりを
していたいものです。

しかし、自分が垂れ流している
「ムダ」と向き合った時、
改善のための知恵が出てきます。

「自分は、こんなところに
ムダなお金を払っていたのか」

「だったら、こういう風に改善したら
手元にお金が残るのではないだろうか」

結果、ムダ使いが減っていきました。

おそらく支出をメモに書くだけで
コストに対する意識が上がるので
徐々に支出は減っていくと思います。

シンプルな習慣でしたが、
非常に効果的なものだったと
実感しています。

お金が回らなくて苦しいなら、
行うべき行動はたった2つです。

‐収入を増やす
‐支出を減らす

これしかありません。

この2つを比べると、収入を増やすより
支出を減らす方が圧倒的に
簡単ですし早いです。

もし、私と同じようにお金が無くて
苦しい思いをしているなら
まずは自分が何にお金を使っているか
きちんと把握することをオススメします。

もし可能であれば、実家に戻るのも
一つの手だと思います。

なぜなら、家賃や光熱費、食費などが
一人暮らしに比べて断然浮きます。

もちろん親御さんに迷惑をかけるので、
誰にでもオススメできる方法では
ありません。

しかし「1年だけ住まわせてほしい」と
期間を決めてサポートをお願いし、
必死で挽回して余裕が出てから
恩返しをしていくのは有りだと思います。

ビジネス活動をするための
体制を整えないと
どうにもならないですし。

死んでしまっては元も子もありません。

あらゆる選択肢を考慮して、
徹底的にムダな支出を排除することが
再起のための一歩になるのです。