好きなことでメシを食う、そんな生き方があってもいいじゃない!
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旧ブログ「オガのスキメシ日記」

ゴーストライターのオガワが好きなことでメシを食うための方法を徹底解説

仕事に没頭できていますか?

オガです。

成功者を見ていると、
異常なまでにビジネスに
「没頭」していることに気づきます。

しかし、本人は大変な思いを
しているかと言うとそうではありません。

自分がやりたいと思っていることを
無我夢中で取り組んでいます。

あなたの周りにも恐ろしいほどの
集中力で仕事に取り組んでいる方が
一人や二人はいるのではないでしょうか。

そういう方は鬼神の如く仕事に没頭し、
一般的な基準で仕事をしている方より、
圧倒的な成果を出しているはずです。

その没頭している様子は、
子供がテレビゲームやマンガに
集中している様子に似ています。

周りが声をかけても気づかないほど
仕事に集中していることもあります。

並大抵の集中力ではありません。

私が参考にしている成功者の方達は、
例外なく
「フォーカスする」
「没頭する」
「集中する」
「夢中になる」
という単語を使います。

単語は違いますが、
伝えようとしている意味は
同じだと思います。

要は、自分が関わっている事業
どれだけ深いレベルで没頭することが
出来るのかが重要になるのです。

アップルの創設者であり、
世界トップレベルの起業家
スティーブ・ジュブズ氏。

彼も事業の立ち上げの時は
徹底的に没頭していたと言います。

色々なところから
「おいしい話」が舞い込んできても、
全てを断っていたそうです。

徹底的に自分の軸をブラさず、
常に焦点を絞り続けて事業展開を
していたと言われています。

その結果、マッキントッシュや
i-pod、i-phone、i-padなどの
画期的な製品を生み出してきたのです。

ポケットに音楽を入れて持ち歩く。

PCと電話を融合させ、
手のひらサイズにして、
指で画面操作をする。

私では想像もできないような
製品ばかりです。

尋常ではないレベルで仕事に
没頭していたのは想像に難くないです。

逆になかなか成果が出せない方は、
注意力が散漫になっています。

あれもこれも手を出してしまい、
一つのことに集中できていないのです。

私は中小企業で沢山の事業
手を出していて、大成功している方を
今まで見たことがないです。

名刺や自己紹介でもやたらと
沢山の事業が書いてあるのですが、

話を聞いていても
大きく稼いでいるようには
とても思えない方ばかりです。

私も大きく稼いでいる
人間ではないので、
偉そうなことは言えません。

しかし、ある一定レベルまで
成果を出そうと思ったら
力を分散させるのは得策ではありません。

自分自身と照らし合わせて考えても
いくつもの事業を同時並行で
成功させるのは無理だと思います。

まずは一つの事業に徹底的に没頭し、
突き抜けた成果を出すことです。

それが、好きなことでメシを食うために
最も重要なことだと思います。

口で言うほど簡単ではないですが、
意識して頂きたいポイントです。

自分が取り組むビジネスを決めたら、
徹底的にフォーカスし、没頭することで
確実にパフォーマンスが
上がっていくのですから。