好きなことでメシを食う、そんな生き方があってもいいじゃない!

旧ブログ「オガのスキメシ日記」

ゴーストライターのオガワが好きなことでメシを食うための方法を徹底解説

遊びが仕事になる時代

オガです。

「遊びが仕事になる」

端的に言ってしまうと、
これが私の目指している
仕事のスタンスです。

自分にとっての遊びを
突き詰めていったら
結果仕事になっていた。

こんな状態が最高だと
思っています。

この考えは個人の価値観によるので、
受け入れられない方もいるはずです。

ですから今回は、
共感して頂ける方だけ
読み進めて頂きたいと思います。

なぜこのような記事を
書こうかと思ったかと言うと、
ライブドア社長ホリエモン
影響でもあります。

「これからは遊びが仕事になる時代!」
ホリエモンが新しい仕事観を提唱する!
堀江貴文のQ&A vol.570?遊びを仕事に!??


ホリエモンは、私の好きな
経営者の一人です。

お会いしたことはないので、
人間性などは分かりませんが、
ビジネス視点で見た時にホリエモン
本当に凄いと思っています。

常に中心を捉えてくるというか、
多くの人が気づかない本質に
ズバッと切り込んでくるので
いつも沢山の気づきを頂けます。

そのホリエモンが、たまたまですが
私が進もうとしている方向性について
語っていたので、無性にブログの
記事が書きたくなりました。

「これからは遊びが仕事になる時代」

一昔前では受け入れられない
価値観だと思います。

「遊んでないで仕事しろ!」
「仕事は遊びじゃないんだよ!」

会社で働いていて、
このように上司に怒鳴られた
経験をお持ちの方もいると思います。

というか、私も経験済みです(苦笑)

40代以降の方は、
「仕事は仕事」「遊びは遊び」
という風に明確に線引きをして
働いている方が多いと感じています。

会社という組織の中で働いていると
社長の価値観や上司の価値観などが
ダイレクトに現場に反映されていきます。

今の経営者は40代~60代の方が
多いでしょうから、

必然的に「仕事は仕事」「遊びは遊び」
と分けて考える価値観が現場に
根付くことになります。

現状では「遊びが仕事になる」
という価値観の会社にいる方は
少ないはずです。

私の個人的な感覚としては、
今の30代から下の世代は
仕事に関する考え方が
違うのではないかと感じています。

特に10代、20代の方達と
40代以降の方達を比べると、
明らかに大切にしている価値観が
変わってきています。

それが良い悪いではなく、
時代の流れだと思うわけです。

私は遊びが仕事になるなら
最高だと思っているので、
とても嬉しい限りですが(笑)

実際に、私が関わっている
札幌人狼一座の人狼ゲームでは
遊びが仕事になりつつあります。

人狼ゲームって一般的には
完全な「遊び」ですよね。

しかし、その遊びを突き詰めた先に
仕事として収入を得られる
可能性があるのです。

もちろん完全に遊びだけ
ということではありませんが。

イメージで言うと8割くらい遊んでて、
2割くらい仕事をしている感じです。

窮屈な思いをして
関わっている訳ではないので、
活動自体がとても楽しいです。

今後のことを考えても、
とてもワクワクします。

ですが、遊びと言っても
中途半端にやっていてはダメです。

重要なのは“極めること”だと
思っています。

多くの場合、遊びが仕事にならないのは、
中途半端にやっているからだと思います。

ビジネスの本質は、
“価値を提供すること”ですから、
遊びでも突き抜けていかないとダメです。

遊びを徹底的に極めていくことで
周りに提供できる価値が高まり、
結果ブレイクスルーが起きて
仕事として成り立っていくのです。

私も最高の人生にしていくために、
遊びだからこそ徹底的にこだわり、
追求したいと思っています。

今は人狼ゲームという遊びを通じて
多くの方に価値を提供したいと
考えています。

あなたは遊びを仕事にしたくはないですか?

一見無理だと思えることかもしれませんが、
遊びを仕事にできるチャンスが、
現代には溢れているのです。

たった一度の人生です。

お互い悔いのない
チャレンジをしていきましょう!