好きなことでメシを食う、そんな生き方があってもいいじゃない!

旧ブログ「オガのスキメシ日記」

ゴーストライターのオガワが好きなことでメシを食うための方法を徹底解説

お前ってMだよね

※注:マンガ「ワンピース」を
見たことがない方は読み飛ばして下さい。


オガです。

「お前ってMだよね!」

って言われることが多いです。

そのたびに腹が立っています。

私は非常に打たれ弱いですから
Mではありません。

どちらかと言うと、
すぐに落ち込みます。

SにもMにもなれない中途半端な
性格をしているのが悩みです。

どうでもいい話ですね。

さて、今回は私が以前働いていた
職場で実際に起こった話をします。

以前私は、パソコンの修理受付の
窓口で働いていたことがあります。

テクニカルサポートというやつですね。

パソコンのトラブルシューティング
幅広い知識が求められますから、
会社の研修も2ヶ月ほどありました。

それだけ覚えることが多いということです。

そこで研修をしていた女性が、
休憩中にこのようなことを
話していました。

「覚えることが多すぎて大変」

確かにその通りです。

色々なお客様からのお問合せに
対応しなければいけないわけですから。

「私って本当に勉強が苦手でさ~」

僕も勉強は得意な方ではないので、
気持ちは分かります。

「ほんとどうしよ~。
きっと私、バカバカの実を食べたんだよ。
だからこんなに勉強できないんだわ」

バカバカの実?

もしかして、それはマンガ「ワンピース」に
出てくる悪魔の実のことだろうか?

悪魔の実とは:
マンガ「ワンピース」に出てくる特殊な食べ物で
それを食べるとカナヅチになる代わりに
特殊な能力を身に付けることができる。

非常に有名なマンガなので
知らない方は少ないだろう。

海賊達がワンピースという大秘宝を求めて
旅に出るロマンと感動が詰まったマンガである。

ちなみに、僕も大好きなマンガである。

同世代なら「悪魔の実を食べるなら何がいい?」
という不毛な妄想をしたことがあると思う。

当然、私もしたことがある。

しかし、今回登場したのは本編マンガにも
登場していない幻の「バカバカの実」だ。

当然、私が妄想した時にも、
友人とした会話にも
出てきたことすらない。

通常、悪魔の実を食べると
以下のような状態になる。


悪魔の実を食べる(相当マズイらしい)
 ↓
カナヅチになる代わりに特殊能力が身に付く
 ↓
結果、強くなったり便利になる


これであれば納得がいく。

「マネマネの実」や「スケスケの実」などは、
ぜひ食べてみたい。

※注:どのように活用するかは追求しないで頂きたい

しかし、今回登場した「バカバカの実」を食べると…


バカバカの実を食べる(おそらく相当マズイ)
 ↓
カナヅチになる
 ↓
さらにバカになる


い、いらない…

心底食べたくない。
食べるメリットがまるでない。

まさに踏んだり蹴ったりである。
大金積まれても食べたくない。

さらにそこから話は続く。

「でもさー、バカバカの実があるなら、
“アホアホの実”もありそうだよね~」


ちょ、ちょっと待てーーい!!

ないから!

そんな悪魔の実ありませんから!!

バカバカの実もアホアホの実も
あなたが勝手に妄想したものですから!

尾田栄一郎先生、ほんとすみません。

あなたも、もし仮にこんな実があっても、
絶対に食べてはいけませんよ。

良いこと一つもありませんからね。

って、くだらないことを
書いてしまいましたね。

少しは真面目なことも書きます。

僕は仕事で毎日10時間くらい
パソコンと向き合っているので、
年々視力が低下しています。

メガネをかけていないと、
文字がぼやけて見えるように
なってしまいました。

元々視力が2.0あった自分にとっては
非常にショックなことです。

そして、以前ハンバーグを
作っている時にある事件が
勃発しました。

ハンバーグを作る時って、
つなぎにパン粉を入れますよね?

僕も100均でパン粉を買ってきて、
ハンバーグに入れようとしました。

買ってきたパン粉の袋には
このように書かれていたんですね。

「良質で風味の良いパン粉です。
揚げ物はもちろん、ハンバーグ等の
つなぎにも最適です。」

上記のように、3段になって
書かれていた訳です。

しかし、その時僕は文字の
ピントが合わずに、3行の文字が
一行にまとまって見えていました。

一瞬このように見えた訳です。


「もちろん、良いパン粉です。最高です。」


な、なんて凄い自信なんだ!

100均のパン粉なのに!

ほんと、目が悪くなっていくのは、
困りますね。

油断していると色々な症状が勃発します。


借りぐらしのアリエッティ

 ↓↓↓

「その日ぐらしのアリエッティ


急に現実的なタイトルに…


あれ、真面目なことを書こうとしましたが、
全然真面目になっていない気がしてきました。

まぁ、こういう時もありますよね。

ではまた!