好きなことでメシを食う、そんな生き方があってもいいじゃない!

旧ブログ「オガのスキメシ日記」

ゴーストライターのオガワが好きなことでメシを食うための方法を徹底解説

無理ができる人と無理ができない人の違い

オガです。

私は身体が強い人が羨ましいです。

 

身体が弱い私は、ジェラシーを通り越して
人生の不公平さを恨んだこともあります。

 

短時間の睡眠でもバッチリ疲れが取れて、
朝から晩までエネルギッシュに
働くことができる身体を持っている。

 

そんな人を心底羨んでいます。

 

さすがに人生31年も生きていると
人によって持っているエネルギーが
全然違うことに気がつきます。

 

 

「すごくエネルギーを感じる」

 

「話をしているだけで圧倒されてしまう」

 

「桁外れの集中力を持っている」

 

「一日3~4時間の睡眠で十分」

 

「修羅の如く働くことができる」

 

このような方に、
一度は会ったことがあるはずです。

 

私の周りにもいますが、
ただただ圧倒されるばかりです。

 

「自分にはとても真似できない」

 

エネルギーがずば抜けて高い人達は、
自分では真似できないことを
平然とやってのけます。

 

この現実を突き付けられた時
悔しさと自分に対する不甲斐なさが
込み上げてきました。

 

 

それと同時にある疑問が生まれました。

 

同じ人間なのに、
どうしてこんなに差が生まれるのか?

 

私の根本的な考え方の一つに、

「同じ人間で出来ている人がいるのだから
自分にもできる方法があるはずだ」

というものがあります。

 

もちろん遺伝的な要素もあると思いますが、
日々の習慣で近づいていくことは
できると思うのです。

 

私は一昔前まで、一日8時間は寝ないと
全然体力が続かない人間でした。

 

いえ、もっと寝てたかもしれません。

 

鼻炎で慢性的に鼻が詰まっていて、
頭は四六時中ボーッとしていました。

 

疲れやすく、沢山寝ても寝足りない。

 

仕事をしていても
集中力が長く続かない。

 

すぐに落ち込んだり、
気分の浮き沈みがある。

 

徹夜や短時間睡眠が続くと、
消化器系が弱り、ご飯を食べると
気持ち悪くなってしまう。

 

気持ちではバリバリ働いて
やりたいこともあったのですが、
身体が全然ついてこないのです。

 

無理をするとすぐに体調を
崩してしまう自分の身体が
残念で仕方がありませんでした。

 

ある時私は、認めたくない現実を
受け入れました。

 

持っているエネルギーは
人によって全然違うという現実を。

 

エネルギーが高い人は、
多少無理をしても少し休めば
すぐに回復してしまいます。

 

睡眠時間が短く、
活動時間が長い人達です。

 

逆に、私のようなエネルギーが
低いタイプの人間は睡眠時間が長く、
活動時間が短くなります。

 

これが積み重なると
人生において決定的な差になります。

 

冷静に考えていくと、

 

一日4時間睡眠の人
一日6時間睡眠の人
一日8時間睡眠の人

 

持っている能力が同じであれば、
睡眠時間が短い方が
より沢山の行動ができます。

 

これは大きなアドバンテージです。

 

 

私は何とかして、
パフォーマンスを落とさずに
睡眠時間を削れないものか
試行錯誤を繰り返してきました。

 

 

そこで出した結論が、


「エネルギーを高める」


というものです。

 

 

生命体として強くなり、

エネルギーを上げていくことで、
疲れにくくエネルギッシュな
身体を手に入れられます。

 

そうすれば、日々のパフォーマンスを
上げていけると考えたのです。

 

はっきり言って、エネルギーが
低い状態ではまるで話になりません。

 

厳しいことを言いますが、
身体が丈夫な人とそうでない人とでは、
そもそもスタートラインが違うのです。

 

私は自分がマイナスの地点から
スタートしている現実を知り、
改善することを決意しました。

 

どうにかして、少しでも
身体の状態を良くして
いかなければなりません。

 

エネルギーが低い状態で
長時間働いても効率が悪すぎます。

 

なぜそのようなことが
言い切れるかというと、
エネルギーが低いとどうしても
集中力も低くなってしまうからです。

 

この集中力が本当に重要で、
集中力の差がビジネスの成功と失敗を
分けると思っているくらいです。

 

これはスポーツでも勉強でも
何でも当てはまりますよね。

 

100人が同時期に受験勉強を
始めたとしても、集中力が高い人は、
急速に成績が上がっていきます。

 

「エネルギーを高める=集中力を高める」

 

これは言い過ぎかもしれませんが、
近い因果関係はあると思います。

 

であれば、長期的に考えていくと
エネルギーが高い方が人生の質を
良くできるということになります。

 

 

では、具体的にどのようなことをすると、
エネルギーを高めて強い身体を
手に入れることができるのでしょうか。

 

これは私が試して良かったと
思うことを並べていきますので、
ピンときたものを
試して頂けたらと思います。

 

 

‐少食を意識する、食べ過ぎない

‐甘い物は極力避ける
 (人間は砂糖が無くても生きていける)

‐身体を冷やす食べ物は避ける
 (アイスクリームや冷えた飲み物)

‐栄養価の高い野菜を食べる

‐適度な運動

‐適切な排泄

‐寝る前に固形物を取らない

サプリメントを摂るならこだわったものを選ぶ
 (物によっては取る価値のない粗悪な物もある)

‐瞑想・呼吸法を取り入れる

‐お酒・タバコは控える(できればやめる)

‐コーヒー(カフェイン)はほどほどに

‐鼻うがいによって呼吸をスッキリさせる

‐正しい姿勢と深い呼吸を意識する

‐質の良い油を摂取する

 

 

ざっと並べましたが、
私が日々意識していることです。

 

最近は食欲が出てきてしまって、
食べ過ぎる傾向にありますが(苦笑)

 

食べ過ぎると眠くなりますし、
内臓にも負担をかけるので
良くありませんね。

 

多く食べても腹八分、
できれば腹六分が望ましいです。

 

私の実感としては、
少食の方が断然体調が良いです。

 

全てを完璧に守れているわけでは
ありませんが、これらをコツコツ
実践することで身体が徐々に
変わっていきました。

 

これは間違いありません。

 

一昔前の私なら一日8~9時間は
寝ていましたが、今は6~7時間程度です。

 

まだまだ十分な睡眠を確保していないと
パフォーマンスを保てませんが、
昔よりは睡眠時間は短くなりました。

 

これでも大きな進歩だと思っています。

 

 

さらに集中力も飛躍的に上がりました。

 

エネルギーを高めることで、
日々の生活が気分良く送れます。

 

気分の浮き沈みも減りますし、
不安になることも少なくなります。

 

日々の習慣を少しずつ修正するだけで、
人生が変わるものなのだと実感しています。

 

私もまだまだ改善の余地が
ありまくりですから、
もっと良い方法を研究し、
実践していきます。

 

あなたのエネルギーは高いですか?
それとも低いですか?

 

もし低いと感じているなら、
今回の記事が参考になれば嬉しいです。

 

それではまた!