好きなことでメシを食う、そんな生き方があってもいいじゃない!

旧ブログ「オガのスキメシ日記」

ゴーストライターのオガワが好きなことでメシを食うための方法を徹底解説

【第六話】みんなの想いは俺が受け取ったから!!(小川少年の就活事件簿)

【第一話】 ヒッチハイクで東京へ!A社の人事、むっちゃ可愛いらしいで。

http://ogawa-aikido.hatenadiary.jp/entry/2016/05/10/172405


【第二話】閉所恐怖症のトラウマを越えて。

http://ogawa-aikido.hatenadiary.jp/entry/2016/07/11/174715


【第三話】これは恋!?(小川少年の就活事件簿)

http://ogawa-aikido.hatenadiary.jp/entry/2016/07/15/170713


【第四話】波乱の二次選考(小川少年の就活事件簿)

http://ogawa-aikido.hatenadiary.jp/entry/2016/07/23/091011


【第五話】心臓がリンボーダンス踊ってやがる(小川少年の就活事件簿)

http://ogawa-aikido.hatenadiary.jp/entry/2016/07/24/202927

 

 

==== 本 編 ====

 

就職活動とは、
残酷な一面も持ち合わせている。

 

第一志望の会社に
入れるとは限らないし、

沢山の会社の選考を受けても
なかなか内定をもらえない場合もある。

 

新卒採用を行っている会社も
多額の資金を投じているのだから、
当然真剣である。


シビアに学生の能力や適性を
見ていくことになる。


社会人の先輩から“洗礼”を受け、
様々な壁にぶつかる就職活動。

 

私もそんな荒波にもまれていた。

 

第一志望A社の二次選考。

 

一泊二日の選考と聞いていたが、
来て早々大ピンチである。


まさか最後の4人目まで
名前が呼ばれないとは。

 

このまま札幌に帰る可能性も大だ。

 

 


ドクンドクンドクンドクン!!

 

 


「4人目…

 

 

 

 

 

 

オガ(小川)」

 

 


きたーーー!!

 


呼ばれた・・・

 

ようやく名前が呼ばれた。

 

名前が呼ばれたのを確認して、
ようやく心臓のリンボーダンスも
おさまってきた。


正直、誰が通ってもおかしくなかった。


プレゼンを聴いていて、
自分も誰に票を入れるか
本当に迷ったくらいなのだから。


紙一重の差だったと思う。


それにしても、
最後に名前を呼ぶなんて
開票したヨネも粋な演出をする。

 


正直、凄くホッとした。
次に進めることができて嬉しい。


まだアツい選考が続くのだ。


すごく嬉しかったが、
落選したメンバーのことを
考えると、素直に喜びを
表現することはできなかった。

 


選考に落ちた学生の中には、
ぽろぽろ涙をこぼす人もいた。


心の底からこの会社に入りたいと
思っていたのだろう。


次の選考に進めなかった人からも、
凄い情熱が伝わってきた。


そう思うと、その人達の分まで
頑張る責任があるのだと感じた。

 

「みんなの想いは受け取ったから」

 

おこがましいかもしれないが、
そう思った。

 

選考に全力を尽くそう。
そして、絶対に受かろう。


99人のエール+21人の想い


俄然やる気が出てきた。

 

それにしても、エグい選考だった。
これでまだ初日の午前中。


午後からもっと大変な選考が
待ち受けているのだろう。

 

そして1時間の休憩を挟んで、
次の選考が発表された。

 


・・・

 


・・・

 

 

つづく

 

 

ogawa-aikido.hatenadiary.jp