好きなことでメシを食う、そんな生き方があってもいいじゃない!

旧ブログ「オガのスキメシ日記」

ゴーストライターのオガワが好きなことでメシを食うための方法を徹底解説

iPhoneの発売日に踊らされる人々

小川です。

 

いよいよですね。


iPhone7が9月16日に発売開始です。

 

本体画像も出回っていますが、
カッコイイですね、ほんとに。

 

f:id:ogawa-aikido:20160912143050j:plain

 

私は初めてのスマホから
ずーーーっとiPhoneを使っています。


むしろiPhoneしか使っていません。


iPhone4から始まり、iPhone5s
iPhone6sと乗り換えてきています。


運良く画面割ったり、壊したり、
不具合が起きたりもしていません。

 

ビバ!iPhone

 

 

私的にスマホと言えば
絶対iPhoneですが、


でも冷静に考えると、

「他の選択肢もあるのでは?」

と思ったりもします。

 

確かにiPhoneは凄いと思います。


もっと言うと、Apple創設者の
スティーブ・ジョブズも大好きです。

 

ですが、

ビジネスに置き換えて考えても
「絶対」なんて無いわけですよね。

 

 

そもそもスマホiPhoneしか
使ったことがない。


ギャラクシーやエクスぺリアも
使ったことはないわけです。

 

だから自分が経験している
狭い選択肢の中で、

iPhoneが一番いい」

と思っているわけです。

 

 

現状では別にiPhone
不便を感じていないので、
iPhoneを使い続けると思いますが、

 

それによって視野が狭くなるのは
あまり良くないことなのかなと。

 

 


話は変わりますが、

私はよくネットワークビジネス
勧誘を受けます。

 

昔っからよく声を
かけられるんですよね。


声をかけやすいタイプなんでしょうかね。
まぁ、それはどうでもいいか。

 


話を聞いていると、どの会社も

「うちが一番」

って言います。

 

これ、鉄板トークです。

 

「うちの製品が一番」

「うちの会社が一番」

「うちのビジネスが一番」

「うちのリーダーが一番」

 

言葉に出さない人も
内心はそう思っているはずです。


一番だと思っていなければ
そのビジネスをやるわけが
ありませんからね。

 

 

さらに、よく「他社批判」を
耳にする業界でもあります。


「うちの会社が一番」

「うちの会社が絶対」


そう思っているからこそ
他社批判が出るのだと思います。


正直、聞いていて
気持ちのいいものじゃないです。

 


でも冷静に考えて、

「全てにおいて一番の会社」

なんて存在しないでしょ。

 

みんな「うちが一番」って言うけど。

 


ある特定の商品やサービスで、
「うちが一番」って言うのは
分かるんだけど、


「サプリも一番、化粧品も一番、
洗剤も一番、浄水器も一番」


「製品も一番、報酬プランも一番、
会社も一番、リーダーも一番、
環境も一番、タイミングも一番」


って全てが一番なんて、
そんなことはないはずです。


あり得ないですよ。

 


そもそも会社が使える原資、
リソースは限られている訳だから、

 

必然的に何に注力するかを
経営者は意思決定しなければいけない。

 

つまり、
主力製品とそうじゃない製品が
必然的に生まれてくるわけです。

 

そしてライバルも技術革新や
イノベーションを起こしてきて
業界の勢力図が入れ替わるなんて
よくある話です。

 

 

だから

「●●はA社が良くて▲▲はB社が良い」

という風に分かれてくる。

 

さらに、
味も使用感も好みがあって当然。


体感が「出る」「出ない」も個人差がある。


だからこそ
全てにおいて一番というのは、
絶対にあり得ないのです。

 

でも仕方がないですよね。

 

どのメーカーも
あの手この手を使って

「うちが一番いいよ」

と魅力的にうったえてきます。

 

こんなに偉そうに言ってますけど、
私もめちゃ踊らされてますから(苦笑)

 

情報が多すぎて
何を選択していいのか
分からない時代ですから

 

多少踊らされるのは
仕方がないと思います。

 

 

そうです、仕方がないんです。

完全に自分への言い訳です 笑

 

 


最後にまとめますね。

 

「全てにおいて一番」

「うちが絶対」

というのは、あり得ません。

 


だからこそ、

「小川のライティングが一番好き」

という人がいても全然おかしくない。

 

えぇ、おかしくないですとも。

 

むしろ、いると信じています 笑