好きなことでメシを食う、そんな生き方があってもいいじゃない!

旧ブログ「オガのスキメシ日記」

ゴーストライターのオガワが好きなことでメシを食うための方法を徹底解説

オータムフェストで垣間見る人間の本質

小川です。

 

9月9日から10月1日まで、札幌は
オータムフェスト」真っ只中。

 

f:id:ogawa-aikido:20160913130441j:plain

 


休日になると、大通公園
多くの人でにぎわっています。


良いですね、お祭り。
私もお祭りは結構好きです。

 

それにお祭りを歩いていると、
色々な発見もあって面白い。

 

 

しかし、冷静に考えると
オータムフェストの出店の料理って
結構割高だと思います。


でも買っちゃいますよね。


お祭りならではの雰囲気だったり、
ここでしか食べられない場所の限定性、
そして期間が決まってる期間の限定性。

 

 

色々な要素が複合して
人気店には人が列をつくり
料理を求めています。

 

大衆心理というか、
こういう“雰囲気”に
人って弱いな~とつくづく思います。

 

 

こういうお祭り的な雰囲気や
『限定性』というのは、

ネットプロモーションでも
非常に重要視される項目です。

 

視聴者の熱気や温度感。

 

そして、

「今だけ」「ここだけ」
「数にも限りがある」

という限定性、希少性。

 

さらに情報ビジネスでは、

あなたはこの情報に
巡り合えている時点で、
本当に運が良い。


この情報に興味を
持っているなんて
センスがある証拠だ。


あなたは他の方よりも
素晴らしい素質がある!

 

そんな

「あなただけ」

という甘い言葉で
優越感をくすぐる。

 

 

これらの要素が
組み合わさることで

ユーザーの感情は
大きく揺さぶられます。

 

 

実際の現場を見ると、
ネットでもリアルでも
人間の本質は変わらないのだと
実感することができます。


こういうリアルの熱気を
ネットプロモーションでも
演出できたら、驚くほど
売上は伸びていきます。

 


実際に、億を超える
売上を出すプロモーションでは、
ユーザーの熱気は必要不可欠です。

 

口で言うのは簡単なんですけどね。


実際にやろうと思ったら、
本当に大変なことです。

 

 


そして、不思議だなーと思うのが

「行列には並びたくなる心理」

です。

 

私も、とあるソフトクリーム屋に
並んだのですが、そこで不思議な
現象が発生しました。

 

 

私が並び始めた時、
前に4組ほど並んでいたのですが、

私が並び始めてから、
あっという間に驚くほどの行列が
後ろに出来上がってしまったのです。

 

 

えっ!?なんで??

 

私が並んだ時点で列は5組。

 


傍から見ると“プチ行列”が
できているように
見えたのかもしれません。

 

 

「並んでいるなら美味しいのかも」

という心理が
働いたのかもしれませんし、

 

 

「売り切れてしまうかも」

という希少性を
感じたのかもしれません。

 

 

時間は12時半頃だったので、
昼食を堪能した方が

「そろそろデザートでも」

と思って並んだということも
考えられます。

 

 

理由は様々だと思いますが、
行列が与えた影響も少なからず
あったと思います。

 

行列は人目を引きますし、
良い宣伝効果になります。

 

行列が嫌いですぐに並ばなくても、

「空いたら買おう」

と思う人もいるでしょう。

 

 

行列があるだけで、


‐近くを通る人の目を引き

‐美味しいのだろうと
 興味づけをすることができ

‐並ばないと無くなるかもと
 限定性、希少性を演出できる

‐さらに、空いたら並ぼうと考える
 次の見込み客を獲得もできる

 

 


このように考えると、
人が集まるということは、
大きな力になります。


集客がビジネスで最も大切だと
言われる所以(ゆえん)ですね。

 


こんな偉そうに言ってる私自身が、
実際にできているかは、
誰も突っ込まないでくださいね(苦笑)

 

 

それでは、また!