好きなことでメシを食う、そんな生き方があってもいいじゃない!

旧ブログ「オガのスキメシ日記」

ゴーストライターのオガワが好きなことでメシを食うための方法を徹底解説

小川さんはニートを目指しているんですか?

小川です。

 

最近忙しいです。

 

大変ありがたいことに
ライティングの依頼も頂き、
原稿執筆の真っ只中です。

 

そして今回は、
お世話になっている方の
原稿を書いているので、
一切手が抜けません。

 


いや、元々手を抜くつもりは
無いんですけどね。


ライティングやメッセージ発信は、
私がとても好きなことですし、
やりたくない案件は受けないですから。

 


しかし、一旦依頼を受けると、
相当ナーバスになります。

 


引き籠って情報収集をして、
原稿を書いていくことになるので、
基本付き合いは悪くなりますし、


お客様の心理や欲求を考えていくと、
色々な感情が入り乱れて
変な気分になってきます。


だから他のことが
手につかなくなります。

 


そのため優先順位の低いことは
全て排除して依頼に取り組んで
いくことになります。

 

 

そんな時ふと思うのが、


「あれ?自分ってニートみたいだな」


ということ。

 

誤解を恐れず言うと、
そういう自分でいられることを
結構、嬉しく思ったりします。

 

 

初対面の方に、


「小川さんは何を目指しているのですか?」


と聞かれることがあります。

 


その場合は間髪入れずに、


「稼げるニートです」


と答えています。

 


その時の反応は、
本当に人それぞれで(苦笑)

 


僕が冗談で言ってると
思う方もいるのですが、
100%本気で言っています

 

もちろんただのニート
目指しているわけではありません。

 

稼げるニート」です。
このニュアンスが重要です。

 


ニート』という単語を聞くと
基本的にはネガティブなイメージしか
出てこないと思います。

 

私もそうです。

 

決してプラスのイメージだけではなく
ネガティブなイメージも持っています。

 

でも僕が解釈しているニートは、
一般的な解釈とは少し違います。

 


でも私の解釈している
ニートという人種は、


「好きなことを一日中している人」


だと思っています。

 

ゲーム、マンガ、アニメ、
パソコン、コンピュータ、
プログラム、SNSなど。

 

引き籠って自分の世界に入り、
好きなことをしている人達です。

 

 

この場合、
別に好きなことをするのが
問題ではありませんよね。

 

ニート最大の問題点は
「収入がない」ということです。

 


収入がないから、親や周りの方に
負担をかけてしまう。


あたり前ですが、
それが良くないという理屈は
よく分かります。

 


では逆に

収入があるニート

だったらどうでしょうか?

 

 

実際に結構いると思いますよ。

 

パソコンとインターネット環境だけで
稼いでいる人達って。

 


月に100万円稼いでいる
ニートがいるとしたら
誰も文句は言わないと思います。


(月100万円の収入がある時点で
 ニートと呼んでいいか分かりませんが)

 

 

だったら好きなことで収入を得る
「稼げるニート」になれば、


誰にも文句を言われる
筋合いはありませんし、


すごく楽しいのではないかと
思うのです。

 


働かない、楽をするのではなく、
好きなことで稼ぐ、価値を創造する。


いわば『ネオニート』とでも
言いましょうか。

 


これが私の根幹にある


‐好きなことでメシを食う
‐好きなところでメシを食う
‐好きな人とメシを食う

 


ブログのタイトルにもなっている
好きメシ」という考え方です。

 


これは私個人の考えなので、
もちろん押し付けるつもりは
ありませんよ。

 

でも、このブログを
ご覧頂いている時点で、


多少なりともそういう生き方に
興味があるんじゃないですかね?

 

違ったらすみません。
読み飛ばしてください。

 


社会や会社の常識に縛られず、
好きなことを仕事にして
多くの方に求められる。


関わってくださる方に貢献し、
共に豊かになっていく。

 


私はそんなゴールを目指すことに
とてもワクワクします。

 

しかし、ここで問題があります。

 

好きなことで
メシを食うと言っても


口で言うほど
簡単な話ではないという現実です。

 


「そもそも好きなことが分からない」
「好きなことを仕事に結びつけられない」

 

こういう悩みが多いと思います。

 


私もそうでしたから、
痛いほど気持ちは理解できます。

 


ではどうやったら「好きメシ」を
実現することができるのか?

 

そんなの答えはシンプルです。

 

実際に出来ている人に聴くのが
圧倒的に早いですよね。

 


ですから私は、
すでに「好きメシ」を
実現させている方と人脈を作り、


質の良い情報発信をしていこうと
奮闘している最中です。

 


人それぞれ、好きなことで
ご飯を食べるためのスタイルや
考え方、思想は違います。

 


私は好きなことで生計を立てる
考え方、思想、スタイルを


スキメシズム


と表現しています。

 


完全に造語なので、
ググっても出てきません。

 

だからパクらないでくださいね(笑)

 


スキメシズムを発信すること

 

これが私小川晃司の
根幹にあるコンセプトです。

 

私の発信している情報、
メッセージが一人でも
多くの方の役に立ってくれると
本当に嬉しいなと思います。

 

 


あれ、また真面目なことを
書いてしまった…

 


次回はもう少しふざけます(笑)

 


さて、もうひと頑張りしましょうか。

 


それでは、また!