好きなことでメシを食う、そんな生き方があってもいいじゃない!

旧ブログ「オガのスキメシ日記」

ゴーストライターのオガワが好きなことでメシを食うための方法を徹底解説

年中ムキュウを目指す生き方

f:id:ogawa-aikido:20160930153438j:plain

 

小川です。

 

私はビジネスマンとして
最低なことをしました。

 

本日、午前中のアポイントを
寝坊してしまいました。


完全に昼夜逆転しています。
ヤヴァイ(やばい)です。

 

朝寝て、昼起きる生活に
なりつつあります。

 

夜行性です。

なんとかしたいです。

 


さらに良くないことに、
私は怠け者です。

 


人が見ていないと
なかなか頑張れませんし、


飽きっぽいので長続きせず
すぐに物事を投げ出してしまいます。

 


しかし、そんな私でも

「年中ムキュウ」の

生き方がしたいと思っています。

 


「年中ムキュウ」の
生き方ができたら最高です。

 


話がよく分からない方の
ために解説します。

 


話は高校時代まで遡ります。

 


・・・・・・・

 

当時、私は野球部に所属しており、
部活動に勤しんでいました。

 


今でもはっきり覚えています。

 


その時、私は
高校一年生か二年生だったか
忘れてしまいましたが、


野球部の先輩が引退する時の
食事会に参加しました。

 

これもよく覚えていませんが、
どこかのホテルで食事会は
行われました。

 


そして食事会には、
野球部のOBの方達も
多数参加していました。

 

宴もたけなわの頃、
野球部のOB会長が登壇して
話をしてくれました。

 

おそらく齢70歳を
超えている方です。

 


そこでOB会長は私達にとって
非常にインパクトのある話を
してくださったのです。

 


「皆さん、これからの人生は、
 年中ムキュウで生きて頂きたい」

 


そうです。年中ムキュウです。

 

ここで言う年中ムキュウは、
「年中無休」ではありません。

 


年中求める」と書いて、


年中夢求

 


そんな生き方をしてほしい。
それがOB会長からのメッセージでした。

 


当時の野球部の間では、
この『年中夢求』が
ちょっとしたブームになりました。


(OB会長の方の話し方が
 面白かったというのもありますが)

 


高校生の時は、面白おかしく
冷かしていたのですが、


年を重ねるにつれて
だいぶ感覚が変わってきました。

 


今は、この「年中夢求」の
生き方ができている方は、
どれくらいいるのだろうな、と。

 

真剣に考えるようになりました。

 


好きではない仕事を
毎日嫌々やっている。


現実問題そのような方は
多いと思うのです。

 


確かに生活のために
仕方がない部分はあると
思います。

 


しかしそれで一生が
終わってしまったら…

 

本当にもったいないことだと
思うのです。

 


人生は一度きりです。

 

過ぎ去った時間は
巻き戻しができません。

 

時間は人生そのものです。
言うまでもなく時間は大切です。

 


嫌なことを続ける毎日は、
幸せな時間を奪い去ります。

 


とても怖いことです。

 


あなたは『年中夢求』で
生きていますか?

 


夢を叶えるために
一生懸命生きることは、
人生に充実感を与えます。

 

幸せな時間が増えます。

 

そして周りの人も巻き込んで
幸せにしていくことができます。

 


自分自身も『年中夢求』の
生き方ができているか?

 


改めて考えさせられる
今日この頃なのでした。